▶ 様々なパッティング・スタイル
パッティング・スタイルに形無しとよく言われます。 また、パッティングは理論ではなく感性ともよく言われます。それは構え方、握り方、グリップの太さ、長さ、重さ、ストロークなどがどうであれ、 カップに入れさえすればいいからです。ツアー選手を見ても、実に様々なスタイルがあります。パッティング・スタイルはラウンド中でさえも簡単に変えることができる点が良くもあり悪くもあります。

▶ パッティングの重要性
皆さん、ご存じのように、ゴルフコースのパーの設定はパーオンして2パットが基本になっています。つまり、18ホール×2パットで36ストローク、パー72とすれば、全ストロークの50%がパターという設定なのです。 現実にはたとえば、スコア90でそのうちパターが34パットとします。この場合、37%がパターになるのです。つまり、スコアの40%50%を占めるのがパターなのです。もうお解りの通り、パターはスコアメイクの要なのです。

▶ 最もバラエティに富んだクラブ=パター
14本のクラブセットの中で最もバラエティに富んでいるクラブが パターだと思います。 ヘッドの形を大別すると、ブレード、マレット、大型マレット、これに加え、ネックの形を挙げると、クランク、ベント、センター、L字など、そして、素材の違いやロフト、長さの違い・・・ 様々な種類があるだけに選択する難しさが増えます。

▶ パターこそフィッティング
皆さんはパターを購入する際に何を選択の基準にしていますか? 「やさしいから大型マレット」「構えた時のフィーリング」などの答えが返ってくると思います。もちろん、間違いではないですが。 。フィッティングといえば、ドライバーやアイアンがメインで、特に ドライバーであれば飛距離、アイアンであれば方向性(ライ角)に重きが置かれているようです。 前述したように、パターはスコアメイクの要であり、 バラエティに富んだクラブであるからこそ最もフィッティングが重要になります。

▶ エースパターを見つけるために
現実のパッティング・ストロークを分析し、理解することが第一歩目です。 現在、自分がどんなパッティング・ストロークをしているのかを理解することで、 現実が自分の頭の中のパッティング・ストロークと一致しているのか、違えば、どうすることで頭の中のパッティング・ストロークと一致させることができるのか、または、自分のストロークの癖に対してベストなストロークを可能にするパターなのかを判断することでエースパターを見つけることができます。
具体的には、ストロークを矯正するのか、お持ちのパターを調整するのか、新たなパターが必要なのかを知ることができます。また、自分の適正ロフト角・ライ角、ヘッド形状・ネック形状・長さ・重量・グリップの太さまで適切なクラブの傾向を知ることができます。


▶ 当店のパターフィティングについて

パッティング・ストロークの分析には 「TOMI (The Optimal Motion Instructor)」を使用します。 パッティングの良し悪しを決定づける基本2項目が4項目に細分化され合計8項目で分析・表示します。

方向性を決定する4項目と距離感を決定する4項目が0.1度単位とインチ毎秒・1/100秒でTomiソフトが分析



◆ フィッティング料金:5,000円~

◆ フィッティング時間:60分(以降30分毎に1,000円)

◆ お持ちいただくもの
  *ご使用中のパター(数本でも結構です)
  *ご使用中のゴルフシューズ(より正確なデータ分析のため)
  *ご使用中のボール5~6個(より正確なデータ分析のため)

◆フィッティング用にヘッド・ネック・重さ・長さ・グリップの太さ違いで約200通り以上のパターをご用意しております。
 *フィッティングは完全予約制です。  ご予約・お問い合わせはメールかお電話でお願いいたします。
  *フィッティングの結果、お持ちのパターの調整が必要になった場合、 別途クラブ調整料金がかかります。


◆分析項目の詳細

 フェースアングル(アドレス)
 アドレス時のフェース向きがターゲットに対してどのようになっ ているか0.1度単位の数値と線(方向)で表示。パッティングの 基本中の基本ですが多くのゴルファーがこの時点で確証が  得られないままストロークしています。ご自分のエースパター で簡単に数値と線でわかるものがTomiです。計算上、2mの  パッティングでカップセンターに対してわずか1.55度オープン もしくはクローズでカップから外れます。 アドレス時に不安なく すんなりアドレスに入れるための重要な要素になります。







 フェースアングル(インパクト)
 ストローク中のインパクト時のフェースの向きが0.1度単位の
 数値と線(方向)で表示。 ストローク中の動いているインパクト 時のフェースアングルをみられることは結果に直結する重要 な要素です。計算上、2mのパッティングでカップセンターに対 してわずか1.55度オープンもしくはクローズでカップから外れ  ます。スイング軌道に比べ約4倍重要であると言われ、1度の フェース曲がりは、反対方向に4度のスイング軌道方向により 埋め合わされるとも言われています。インパクト時のフェース アングルはパッティングにとって最も重要な要素になります。






 
インパクト前後の軌道
 インパクト直前・直後の10cmの軌道を角度と線で表示。 ドラ イバーやアイアンではこの軌道により弾道が変わってしまうよ うにパターでも全く同じでボールが空中ではないので明確に  視覚で判断しずらいのがパッティングです。フェースの向きが 適切でも軌道が違えばひっかけ・コスリ球になり、ドライバー のスライス・フックと同様の回転となり、想定通りカップインが 難しくなります。







 軌道とローテーション
 ストローク全体の軌道を線で、フェースローテーションを数値 で表示。 プレイヤーは練習でもボールに視線を合わせます  ので始動時からフィニッシュまでの軌道を認識するのは不可 能です。素振りで目線をヘッドに合わせてもボールを打たず、 ターゲットを定めていない状態では現実の軌道は判断できま せん。Tomiで軌道を理解することにより想定と現実を一致さ  せることができます。ストロークが全体的に良くなれば細部の 矯正は簡単になります。 フェースローテーションは小エネル  ギーでボールの転がり、球足が向上します。







 シャフトの角度(インパクト)

 インパクト時のシャフト位置を角度で表示。
(表示数値にリアルロフトをプラスするとインパクト時のロフト)
インパクト時のボールの出だしラインに乗るかどうかが決まります。パッティングはカップインのラインに乗せることが重要になります。インパクト時のロフトは、スピンやジャンプ、横滑り距離に影響するためラインに乗せる重要な要素になります。インパクトロフトが少なければインパクト直後に芝に当たって跳ね上がったり、インパクトロフトが多ければ、キャリーが出すぎたり、ラインに乗せることが難しくなります。安定した球足のパッティングをする際にも重要な要素になります。適切なインパクトロフトにするために何度のロフトがあるパターを持つべきかをTomiで知ることができます。


  打点
位置は上下左右に判断できますので使用クラブのスイートスポットと打点位置の関係がわかるのでボールの転がりと距離感を知ることができます.。

















 ヘッドスピード
距離感に最も重要なヘッドスピードを数値とグラフで表示(インチ毎秒)。 ドライバーや他のクラブ同様にボールの距離感はヘッドスピードの違いになりますので同じターゲットを5球狙って平均化したグラフであることが距離に安定感を持てるかなどを知ることもできます。ノーカンパッティングはこの変化が大きいということなります。 切り替えしの時点からインパクトまでの平均速度を表します。











 テンポ
バックストローク(緑)とフォワードストローク(黄)に要する時間の割合をグラフと数値で表示。 (バックストローク時間・フォワードストローク時間と双方の割合) パッティングの上手い人を見ていて良いストロークしているなと見えるのはこのテンポです。バックストロークとフォワードストロークの速さの割合が自然だと良いテンポで不自然だと入らなそうなストロークに見えます。多くの方は自然にそのつもりですが、入れたい、入れる等の気持ちや注意箇所に気持ちが傾くために切り替えしが早いなどの不自然なテンポになってしまいます。自然なテンポは何度かTomiで繰り返すことで体が反応して覚えてくれます。

お問い合わせ・ご質問   特定商取引に基づく表示   プライバシーポリシー
Copyright 2015 Piagolfgarden